防災・災害ニュース

関連ニュース

自衛隊と愛知県などの自治体が合同で東海地震に備えた訓練を実施(2003年01月17日)

東海地震を想定して自衛隊と愛知県などが25年ぶりに合同で行なう訓練が始まりました。

訓練は、東海地震で陸上の輸送路が遮断されたことを想定し自衛隊と愛知県、名古屋市消防局などが合同で海上での救助車両の輸送訓練を行います。初日の17日は名古屋港に入港した海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」に陸上自衛隊の輸送車両や名古屋市の消防車両を積みこみました。この輸送訓練は4日間行なわれ最終日の20日には渥美半島の赤羽根海岸にホバークラフトを使って車両を上陸させる訓練も行なわれる予定です。

関連ニュース一覧へもどる