防災・災害ニュース

関連ニュース

合掌集落で一斉放水(2002年11月10日)

岐阜県白川村では合掌造りの集落を火災から守る放水銃の一斉放水点検が行なわれました。


放水は10日の午前8時、サイレンの合図とともに行なわれ、およそ60基の放水銃から高さおよそ20メートルの水が
吹き上がりました。この放水は火を使う事が多くなる冬を前に毎年この時期に行なわれているもので、世界遺産に登録されている合掌集落が水のカーテンで覆われました。
いつもの年だと紅葉の山並みに囲まれていますが、今年は冬の訪れが1カ月以上も早く、雪景色の中での放水となりました。この一斉放水が終わると白川郷は本格的な冬を迎えます。

関連ニュース一覧へもどる