防災・災害ニュース

関連ニュース

岐阜県が東海地震などの被害想定を初めて公表 死者は最大160人に(2003年07月15日)

岐阜県は、東海地震などの被害想定の調査結果を初めて公表しました。

マグニチュード8.3の複合型地震が起きた場合揺れによる建物の全壊が800棟から2400棟にのぼり、液状化による全壊が400棟と想定しています。死者は岐阜市や瑞浪市土岐市などで合わせて50人から160人と想定しています。

関連ニュース一覧へもどる