防災・災害ニュース

関連ニュース

名古屋など強化地域指定へ(2002年03月04日)

東海地震の防災対策強化地域を指定する基準を決める、中央防災会議の専門調査会が開かれ、名古屋市などが強化地域に追加指定されることがほぼ確実となりました。

強化地域の範囲は、東海地震の想定震源域が従来より西にずれたことを受けて見直しが進められています。4日行われた中央防災会議の専門調査会で新たに62の市町村を強化地域に追加する見直し案が発表されました。見直し案では、名古屋市をはじめ想定震度が6弱以上の地域を含む愛知県内の44の市町村の他、津波の高さが2メートル以上になると予想される三重県大王町、志摩町、阿児町も新たに加わりました。すでに指定されている地域も含めると東海3県で合わせて49市町村になっています。5日から関係する県の知事から意見を聴き、最終的な強化地域案は4月末にも内閣総理大臣に答申される見通しです。

関連ニュース一覧へもどる