防災・災害ニュース

関連ニュース

東南海地震の震度予測を発表(2001年12月07日)

57年前の12月7日は東南海地震が起きた日です。政府は予想される次の東南海地震の震度予測を発表しました。予測では津市で震度6弱以上、名古屋市でも震度5または6弱以上となっています。

文部科学省の地震調査委員会は9月、次の東南海地震について静岡県浜名湖沖から紀伊半島南東沖にかけてを震源域にマグニチューード8.1前後の規模でおこると予測、その発生の確率は30年以内に50%とされています。7日発表された東南海地震の震度予測では津市や愛知県知多市で震度6弱以上、名古屋市では震度5弱から5強、場合によっては6弱以上とされています。さらに和歌山県の潮岬から高知県の足摺岬を震源域として発生が予想される南海地震では津市で震度5弱以上、知多市や岐阜市で震度5弱から5強の揺れが予測されています。政府では7日の予測をもとに今後は中央防災会議でさらに細かい震度予測図を作成していくことにしています。

関連ニュース一覧へもどる