防災・災害ニュース

関連ニュース

岐阜県が東海地震被害想定(2002年05月14日)

東海地震が起きた場合、岐阜県の東濃地方では、国の想定よりも広い地域で震度6弱の揺れが予想されるという調査結果を、岐阜県が明らかにしました。

この調査は、岐阜県が専門家に依頼してまとめたもので、県全域を500メートルメッシュで示し、中央防災会議の予測より、精度が高いものとなっています。東海地震が起きた場合、中央防災会議が想定する中津川市だけでなく、東濃地域の8つの市町村が、震度6弱の激しい揺れに見まわれるという結果がでました。東南海地震が発生した場合には、中濃・東濃の、11の市町村で震度6弱以上の揺れになると予想されます。また、液状化現象については、西濃地域で、大きな被害が出るということです。岐阜県は、今年度中に、建物や住民の被害などについても、調査して、公表することにしています。

関連ニュース一覧へもどる