防災・災害ニュース

関連ニュース

防災の日 国と連携し防災訓練(2002年09月01日)

地震防災対策強化地域が大幅に拡大された愛知県は、防災の日の1日国と連携して合同で大掛かりな防災訓練を行いました。

訓練は、遠州灘沖で大地震が発生したとの想定で行われました。愛知県では、名古屋市など58の市町村が対策強化地域に指定されています。愛知県庁では、首相官邸と結んだテレビ会議に参加し情報集約などの訓練を行ないました。また、蒲郡市内の10カ所の訓練には、愛知県や自衛隊、地元の住民などおよそ2万8千人が参加しました。ふ頭に着岸させたミニフロートをヘリポート代わりに利用して、物資を運び込む訓練や、高層ビルに取り残された人をヘリコプターで救出するなど大規模な救助活動が本番さながらに行われました。
岐阜県は1日からこの地方で初めて、聴覚障害者向けに「見えるラジオ」の導入を始め、県の訓練と同時進行で実際に文字情報を流しました。県は、障害者らに対し、ラジオの購入に1万円の助成金を出すことにしています。

関連ニュース一覧へもどる