防災・災害ニュース

関連ニュース

中部電力で防災訓練(2002年09月03日)

東海地震の発生を想定し、中部電力で全社でおよそ1万8000人の全社員がが参加した防災訓練が行われました。

この訓練は、3日朝6時半に気象庁が判定会の召集を発表し、翌日の午前9時40分に、駿河湾を震源としたマグニチュード8.0の地震が発生した想定で行われました。訓練では、川口社長を本部長とする災害対策本部が設置され、映像による連携システムを利用して、支店やヘリコプターから情報を収集しました。また、これらの情報を受けて、本部から各支店などに指示を出す訓練も行われ、早く正確に情報を伝えるための命令系統などを再確認していました。

関連ニュース一覧へもどる